デスクワーク中に出来る!腰痛予防に効果的なストレッチ3選 by小岩駅最寄の整骨院 小岩名倉整骨院

こんにちは!

小岩名倉整骨院のブログをご覧いただきありがとうございます!

本日の担当は小島です!

さっそくですが、今日のテーマは

デスクワーク中に出来る!腰痛予防に効果的なストレッチ3選

です!

と言う事で

座りながらでも簡単に出来るストレッチをお教えします!

①足ぐみストレッチ

e7a9bae799bde3839ae383bce382b8.png
このストレッチは左の図のようにストレッチしたい方(伸ばしたい方)の足をもう一方の膝の上(もしくはももの上)にのせます

その状態で腰をゆっくりと曲げていきます。

イメージは自分の胸辺りを足に近づけるようにしてみましょう。

e7a9bae799bde3839ae383bce382b81.png

イスに座っている状態で出来るストレッチですが、

このストレッチをやるときは

出来るだけイスに深く座るようにしてみて下さい。

※腰にストレッチによる痛みではなく、違和感や痛みを感じたらやらないようにして下さい!

②広背筋ストレッチ

広背筋とはよく言われている”背筋”と呼ばれる筋肉です。

この筋肉には腰痛の原因にもなりますが、

あまりストレッチされていないことが多いです。

空白ページ

左の図のようにまず万歳します。

ストレッチしたい方の手首を反対の手でつかみます。

そこから腕を少しだけ前にもっていきます(頭よりも少しだけ前)

これで準備姿勢は完了です!

ここから手をつかんでいる方のななめ前方に身体を倒していきます。

e7a9bae799bde3839ae383bce382b83.png

この時に掴んでいる手で伸ばしたい方を少し引っ張るとより効果的です。

最低でも5秒くらいは目安にやってみて下さい!

※このストレッチも腰にストレッチによる痛みではなく、

違和感や痛みを感じたらやらないようにして下さい!

③もも裏ストレッチ

e7a9bae799bde3839ae383bce382b85.png
もも裏(ハムストリング)が柔軟性が無くなり硬くなると腰痛を引き起こしやすくなります。

そこで今回もイスに座りながら出来るもも裏ストレッチをご紹介します。

左の図のようにストレッチしたい方の足を延ばします。

その状態で身体を前にゆっくり倒してください。

この時につま先を立てるとより効果的です。

ただあまりにもも裏が硬い場合は足をぴんと延ばすのではなく

少し膝を曲げてストレッチするようにしてみて下さい!

今回はここまで!

ストレッチで腰痛予防をしましょう!

エキテン:https://www.ekiten.jp/shop_3641702/review/

Facebook: https://www.facebook.com/koiwabonesetter/?ref=bookmarks

LINE@ID: @qvg6450p

友だち追加

←こちらからHPにアクセスできます!

otoiawase

↑ストレッチでもダメならこちら