育児からの腰痛

こんにちは!
スタイルジャパン幕張店です。

育児の中で抱っこやおんぶって多いですよね。

子供が成長するにしたがってどんどん重くなり、
さらに親自身の筋力が低下してくると
”腰痛”になりやすいんです!

とくに身体の奥にあるインナーマッスルは「支える筋肉」なので、これが衰えてくると子供の体重に体が耐えられなくなってきます。

そうすると腰の骨や、腰回りのアウターマッスル(本来支える為の筋肉ではない)の負担が増え、筋肉が硬直し痛みが出てくるのです。

普通なら睡眠を十分とれば痛みは引きますが、睡眠をとっても何日も痛みが取れない場合は、回復力が追い付いていない事が多いので治療を薦めます。

硬直した筋肉を緩め骨盤矯正で負担を減らせば、痛みはほとんど取れますが、インナーマッスルが低下した状態では痛みの再発が目に見えています。

痛みを根本的に改善させるのであればインナーマッスルを鍛える事がとても重要です。
育児で繰り返す腰痛にお困りでしたら一度ご相談くださいね!

 

海浜幕張から徒歩5分
スタイルジャパン幕張店
千葉市美浜区中瀬1-3テクノガーデンF棟1階
043-274-8688

辛い肩こりの原因を徹底解明!原因の要素2選 by 小岩駅最寄の整骨院 小岩名倉整骨院

辛い肩こりの原因を徹底解明!原因の要素2選 by小岩名倉整骨院

こんにちは!

小岩名倉整骨院の岩原です!

これから様々な情報を発信させて頂きますので宜しくお願いします!

今週は肩こりについて徹底追及していきます!!

まずは原因ですね!!

言わずと知られているのは姿勢

なぜ辛くなってしまうのか腰の時とは違う観点からみていきます!

上の図を見て下さい(^^♪

右側の図には皆さん意識があるのではないでしょうか?

ここでいきなりですが皆さんに質問です!

体の部位で一番重たい部位はどこでしょう!!

・・・・・正解は

頭ですね!!

聞いたことある人も多いのではないでしょうか?

頭の重さは一人当たり約7~9㎏

意外と重たいですね!?

首、肩、背中この三ケ所は筋肉の構造上から言っても関係性がものすごく深いです。

セットで辛い人も多いのではないでしょうか?

横から身体を見たとき、頭が3㎝肩よりも前に出てた場合、首、肩、背中にかかる負担が2~3倍違うと言われています!

それが長時間のデスクワークなどで何時間もいたらどうなるでしょうか!?

もちろん疲れてしまいます。

それにより筋肉の酸素が失われいわゆる「硬い」という状態になってしまいます。

しっかりと身体が今自分はどうなっているのかを把握する必要があります。

みなさんはいかがでしょうか!?

姿勢に対しての気遣いはどこまで出来ているでしょうか?

日常的にこの形になる物が2つあります。

①デスクワークなどのパソコン作業

②スマホや読書などの作業

この2つが今、若い人たちから中年層までの方々で非常に多いとされています!!

こんなことが起こらないようにしたいものですね!

ストレッチや運動をプラスでやることによって血液の流れを良くし、酸素を行き渡らせることにより予防が出来ます!!

こんな風に皆さんの中で知識が高まり身体を良くしていただけることを望んでいます。

ご視聴ありがとうございます!

皆様のカラダをよりActiveにしていくために私たちは

精一杯皆様に情報を提供して行きたいと思っております

小岩名倉整骨院を宜しくお願い致します(^^♪

エキテン:https://www.ekiten.jp/shop_3641702/review/

Facebook: https://www.facebook.com/koiwabonesetter/?ref=bookmarks

LINE@ID: @qvg6450p

←こちらからHPにアクセスできます!

姿勢について

こんにちは!
スタイルジャパン幕張です。

前記事の岩原先生が書いていたことと繋がるのですが、今回も姿勢についてのお話です。

どういった姿勢が体に良くないのか。

今の時代、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの機械類を操作する事が多いと思います。

例えば座っている時、猫背になっていたり足を組んだり、肩に力が入っていたり・・・。こういった姿勢は腰痛や肩こりの原因です!
今一度、自分がどんな姿勢で過ごしているのか意識してみるのも良いでしょう。

何度も書いてきている事ではありますが、「長時間の同じ姿勢」によって起こる身体の不調はとても多いのです。
まずは「気づいたら姿勢を変えるまたはストレッチをする」から始めてみるのも良いかもしれませんね。

良い姿勢をキープするのが難しいという方も多いことでしょう。
そういった方は筋力が衰えている証拠です!
当グループ各院にはインナーマッスルを鍛えられるマシンがありますので、今後の腰痛肩こりや姿勢が不安な方は是非やってくださいね!

 

海浜幕張駅から徒歩5分
スタイルジャパン幕張店
043-274-8688
千葉市美浜区中瀬1-3テクノガーデンF棟1階

姿勢が良くなり、腰痛、寝起きが良くなるインナーマッスルの知識

姿勢が良くなり、腰痛、寝起きが良くなるインナーマッスルの知識

 

こんにちは!

小岩名倉整骨院の岩原です!

これから様々な情報を発信させて頂きますので宜しくお願いします!

前回、次回予告させて頂きました今日はインナーマッスルについて!!

 

そこで質問です!

 

皆さんはインナーマッスルをどこまで知っていますか?

 

様々な所で聞いた事あると思いますが、それはどこにあって何をしているのか・・・

 

今回はそんなインナマッスルの神髄を皆様に提供させて頂きます!

 

まずインナーマッスルとは!?

 

筋肉は沢山の種類がありその中でも深い層の筋肉の総称です!

今回はその中でもキングオブインナーマッスル

インナーマッスルの代表ともいえる筋肉をご紹介します!

こちらがキングオブインナーマッスル!!

腸腰筋!!

 

腸腰筋!?「しらんな~」

そう思う方も少なくないでしょう!

腸腰筋

大腰筋、小腰筋、腸骨筋この三つを合わせて腸腰筋となります!

ちょうど腰椎(腰の背骨)から股関節の下の大腿骨(脚の骨)、腸骨(骨盤の骨)にかけてついている筋肉です!

では実際どんな働きをしているのでしょうか?

 

実はインナーマッスルは自分で意として動かすことが出来ない!

「どういうこと!?」と思うかもしれません

というのもインナーマッスルは動かすための筋肉ではなく支えるための筋肉なのです!!

反対に動かす筋肉というのはアウターマッスル

皆さんの知ってるものだと大胸筋(胸の筋肉)腹直筋(お腹の8つに割れる筋行く)広背筋(皆の言う背筋)

これらが代表です!もちろん他にもさまざまあります!

 

インナーマッスルアウターマッスルこの二つの種類の筋肉がバランスが取れて体は作られています

白筋赤筋について

 

大きく分かれる二つの筋肉の種類それぞれはアウターにもインナーにも存在します。

 

白筋

これは瞬発的な力に優れた筋肉です。

   ・ダッシュ

   ・反復運動

   ・瞬時の動き

   ・力

 

 

これらに使われるのが白筋です(^^♪

特徴として強い力を出せますが長時間持たないスタミナの無い筋肉です

そして多くはアウターマッスルに存在増します。

 

 

赤筋

これは持久力に優れた筋肉です。

   ・ランニング

   ・姿勢保持

   ・関節のバランス

   ・支える

 

 

 

それぞれ

・インナーは赤筋が多く

・アウターは白筋が多い

 

では本題に移ります・・・

 

腰痛ヘルニアの原因ともされる姿勢

 

どちらの筋肉が多い方が姿勢には良いでしょうか?

 

赤筋の多いインナーマッスル

それとも・・・

白筋の多いアウターマッスル

 

 答えはインナーマッスル!!

姿勢は常に働かせなければなりません。

その為スタミナの無い白筋(アウターマッスル)ですとすぐに疲れてしまい筋肉が硬くなり腰痛の原因になったりしてまう恐れがあります。インナマッスルであれば持久力にたけてるので姿勢保持も安心、筋肉に負担を掛けず日常を過ごすことが出来ます。

 

皆様いかがでしたでしょうか!?

 

こんな風に身体の構造を理解しお体のケアを図っていただけたらと思います!

 

 

ご視聴ありがとうございます!

皆様のカラダをよりActiveにしていくために私たちは

精一杯皆様に情報を提供して行きたいと思っております

小岩名倉整骨院を宜しくお願い致します(^^♪

エキテン:https://www.ekiten.jp/shop_3641702/review/

Facebook: https://www.facebook.com/koiwabonesetter/?ref=bookmarks

LINE@ID: @qvg6450p

 

←こちらからHPにアクセスできます!