目について!!! 江戸川 整骨院

皆さんこんにちは!江戸川名倉整骨院です。
いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

前回の続きからお話ししていきます。
前回は目だけでなく、脳で見ていますよーというお話しでした。

ストレスがかかると目が悪くなる理由

私たちが呼吸をしたり、心臓を動かしたりするような自分の意志とは関係なく体の機能を調整する神経を自律神経と言います。

自律神経には交感神経副交感神経があります。
交感神経は活動している時、緊張している時ストレスがある時などに働き、反対に副交感神経は、休息している時、リラックスしている時、眠っている時に働きます。

私たちの黒目の中にある、黒い瞳の部分は目に入る光の量を調節しています。
これを瞳孔と呼びますが、交感神経が優位な場合周りの虹彩が縮んで大きくなります。

実際に近視の人を観察すると、瞳が大きく交感神経が優位にある体調の人がほとんどです。
こうして瞳が開いた状態が続くと、焦点の深さが浅くなり、ピント合わせに余分な力が加わります。
すると調整を行う毛様体筋が疲弊し、視力の低下を招くのです。

交感神経を過度に緊張させる要因は何と言ってもストレスです。

そもそも私たちはに日中は交感神経が夜は副交感神経が優位に働くようにプログラムされています。
夜更かしや寝不足などをすると自律神経のバランスが乱れ体にストレスが加わります。
その上、日常生活での精神的ストレスが加わると、常に交感神経が優位になり、毛様体筋も緊張し続け疲れていまい、視力がどんどん落ちていくのです。

また自律神経のバランスが乱れると、血流障害が引き起こされ、目を悪くする一番の原因である酸素不足にも陥ります。

つまりストレスは胃腸にも影響を受けます。
『腹が立つ』という言葉がありますが、実際に胃が持ち上がり、胃腸の蠕動運動や働きが鈍くなり硬化が始まります。
これが全身への血流障害の引き金になるということです。

さらに見えないストレスから自律神経がマヒしてしまい、視力が落ちるという、悪循環に陥るケースも少なくありません。

私たちは目だけでなく、脳でも、物を見ています。

実は脳にとって見えるのが当たり前です。
1.5程度の視力があるのが、脳にとって安定できる快適な状態です。
ですから『見えない』というのは、脳にとってかなり大きなストレスです。そのストレスから自律神経のバランスが乱れることもあるのです。

たとえ0.01でも視力をよくすることは、脳にとってもストレス解消につながります。

あなたの目と脳は本当は
『少しでもよくなりたい』
『治してくれ』
といっているのです。

長くなりましたが今回はここまでです。
最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

目について!!! 江戸川 整骨院

皆さんこんにちは!江戸川名倉整骨院です!

いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

前回の続きからお話ししていきます。
酸素を取り入れれば集中力が増しますよーというお話しでした。

目だけではなく脳でも見ている
物を見るのは、目だけの作業ではありません!

目で捉えた像は、網膜で電気信号に変換され視神経を通って脳の大脳皮質にある視覚野へと伝えられていきます。

そこで脳が映像化して、初めて見えたということになるのです。

実は脳でも見ているとお話しするとほとんどの方が驚かれます。

ですが脳と言われてもピントきませんよね?

例えば
・ぼーっと歩いていて、顔見知りに気づかなかった
・疲れているときに字を読み違えた
・そこにあるはずなのになかなか物が見つからなかった
などなど・・・
といった経験は誰でもあるはずです。

これは、目には物は映っていても、脳が見ていないため気づかない状態です。
ですから脳が見えると確信することが、視力回復に大きな力を及ぼします。
視力が悪い人の中には『どうせ見えないから』と
ネガティブなイメージを脳に送り込むことで、さらに視力を悪化させている人が少なからずいます。

近年働いている方でメガネ・コンタクトをしても視力が回復しない弱視の方が増えています。

『視力が落ちて、視覚障害の続きをしようかしら』
『パソコン仕事だから、目が悪くなるのは仕方ない』
などといった、あきらめの気持ちを脳に伝えているため、メガネやコンタクトで視力を矯正しようとしても、うまくいかなくなっているのです。

今回は以上です!
最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

目について!!! 江戸川 整骨院

皆さんこんにちは!
江戸川名倉整骨院です。

いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます!

前回の続きからお話ししていきます。
前回は全ての病気の根源は酸欠によるものですよ!ということでした!

酸素を取り入れれば集中力が増す!
現代社会の空気中の酸素の濃度は約21%と言われています。
これが20%まで落ちると、思考能力の低下や手足の痺れなどの変化が起こり始め、ほんのわずか1%ほど低下しても影響が出るのです。

さらに15%になると、ロウソクの炎が消えるほどの酸素不足になるので、人間であれば息苦しくて力が入らないと行った状態になります。

酸素濃度は、閉め切った室内では約20.6%に減少。
飛行機内や満員電車では、18%近くの低い数字になります。
18%までは、一応安全範囲の最下限とされていますが、個人差によって体調に異変を感じる人も多くいます。

空気の入れ替えができない部屋や、長時間のフライト、満員電車での通勤が疲れやすく頭がぼーっとしてしまうのは、酸素不足が大きな原因なのです。

ですが逆に言えばしっかり酸素を取り入れれば、脳に血液が十分に供給され、集中力がアップします。

皆さんもご経験があるかもしれませんが、電車の中で本を読み始めると、必ず途中で寝てしまうなんてことありませんか?

実は、電車の中で本を読んでいて眠くなるのは、目が酸素不足で疲れている証拠です。
脳がこれ以上読むのはやめなさいと指令を出すから眠くなるのです。

本日は以上です。
最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

目について!!! 江戸川 整骨院

皆さんこんにちは!江戸川名倉整骨院です。
いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

前回の続きからお話しします。
前回は酸欠になるのは胃腸の硬さと姿勢によるものが大きいですよというお話しでした。

血流が悪いと全ての病気がやってくる
私たちの体の働きを根本的に支える、代謝や消化など、全ての機能が血流に頼っています。
そのため血流が悪く、細胞への酸素供給が足りなくなると全身のあらゆる部位で異常が発生します。

肩こり・ダルサ・むくみ・頭痛などといった日常的に起こりがちなものから、糖尿病・高血圧、ひいてはガンなども酸素不足が主な要因となることが多いのです。

多くの著名な医師や学者が、早くからこのことに気づき指摘しています。

野口英世博士は
「全ての病気の原因は、酸素の欠乏症である」
と言っています。

全身の健康にこれほど大きな影響を及ぼす酸素・・・

この酸素が足りなくなると、近視・老眼・緑内障・白内障・ドライアイなどの視力障害が現れるのも至極当然と言えるでしょう!

今回はここまでです。
最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

目について!!! 江戸川 整骨院

皆さんこんにちは!江戸川名倉整骨院です。
いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

前回の続きからお話ししていきます。
酸欠になると目だけでなく、体のいろんなところに問題が出てきますよーというお話しでした。

十分に酸素が取り込めない、大きな原因は2つあります!
最も大きい酸欠の原因は胃腸の硬化です!

これを言われると「息をするのは肺なのに、なぜ胃腸が関係あるの?」と思われるでしょう!
試していただくと実感すると思うので一緒にやってみましょう!

お腹まで深く、息を吸い込んでみてください。
何回か深呼吸したら、胃の上に手を当ててみてください。
そうすると手の重みで肺の膨らみを妨げ思うようにすいこめないと思います。

つまり胃腸が硬化していると腹式呼吸ができなくなり、呼吸が浅くなったり、消化活動や蠕動運動もスムーズに行われないということです。
胃腸がきちんと働いていないと、全身の血行が衰え自律神経のバランスが乱れて血流障害を引き起こし、全身を酸欠状態に陥ります。

次に多いのが姿勢の悪さです!
事務作業をしている方がほぼ100%酸欠だと思って間違い無いです。
パソコンに向き合っているとどうしても前かがみになります。
うつむいたままだと気道が狭くなり息を吸っているつもりでも、細くしか入ってきません。
そんな姿勢で1日8時間もいれば、1日の大半をちゃんと呼吸しないで過ごしていることになります。
血流がどんどん悪くなり、血液がドロドロになる!!
その結果、目への栄養供給が滞ってしまうのです。

本日はここまでです。また続きからお話ししていきますね。
最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

目について!!! 江戸川 整骨院

皆さんこんにちは!江戸川名倉整骨院です。
いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます!

さて今回は目についてお話ししていきます。
よろしくお願いします!

突然ですが皆さん目(視力)はいいですか?
ちなみに江戸川メンバーは視力良い人、悪い人半々ぐらいです笑
目の悪い人・良い人の違いは何だろうとふと思い、勉強したことをお伝えしていきますね。

目を悪くする一番の原因は酸素不足です。
そもそも目の最大限の栄養源は酸素です。
また目だけに限らず、私たちは酸素を欠かすことができません。

呼吸=酸素は生命活動の基本です。
私たちの細胞約60兆個全て酸素をエネルギーとしています!

では酸素欠乏がどういった視力障害になるのでしょう?
まず酸欠になると、毛様体の筋力と水晶体の弾力が失われることから、近視や老眼が加速します。
水晶体の新陳代謝が衰えて、濁りが生じると白内障になり、眼球内の老廃物がきちんと排泄できなくなると飛蚊症を招きます。
そして酸素欠乏のために房水という目の組織を満たす体液の排泄が滞ると、眼圧が上昇し緑内障の原因となります。
さらに視神経が栄養不足に陥ることも加わって、視野が損なわれると考えれれています。

その酸欠の原因はもちろん、私たちが酸素を直接取り入れることができる、唯一の方法、呼吸にあります。

今回はここまでです。次回の更新時に続きをお伝えしていきます。最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

歩く時に必要な体幹の機能 江戸川区 整骨院

皆さんこんにちは!江戸川名倉整骨院です。
いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます!

歩行が安定しない。
だから体幹の機能をあげないと!!

そんな言葉をよく聞くことがあります。
これはこれで間違っているわけではなく必要なことです。

しかしながらただ鍛えれば良いわけではなりません。
体幹が安定することが歩行の何に必要なのかを考える必要があります。今回はそこをお伝えしていきます。

歩行は安定と不安定を繰り返し進んでいます。

重心が支持基底面から外れることで前方への推進力が起こり、下肢を降り出して歌詞の支持により倒れないように推進力を相殺して安定させる。この繰り返しによって歩行は成り立ちます。

つまり、歩行時に必要な体幹機能は立脚期の下肢が崩れないように不安定をつくることもあります。

しかし、体幹機能の重要なところは前方の推進力を起こすための不安定を作ることもあります。

推進力を作る時には体幹安定させつつも、弛緩して不安定を作る必要もあります。

そうでなければ前方への推進力を殺してしまうこともあるからです。
そのため鍛えるだけでなく、適切なタイミングでその場にあった収縮が得られるようにならなければなりません!

今回はここまでです。
最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

皮膚は親の愛を一生忘れない 整骨院 江戸川区

皆さんこんにちは!江戸川名倉整骨院です。
いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

皮膚感覚が育つと得られる能力

前回のように幼少期、親から受けたスキンシップは、優しさや思いやりの大切さを教えてくれます。

自ら命を絶つなど耳を塞ぎたくなるようなニュースが多い世の中ですが、スキンシップを十分に受けて育つと、孤独に押しつぶされそうな時にひとりぼっちじゃないんだと思わせてくれる、その人にとって安全な場所を作ります。

それはやがて自立心に繋がり、相手の気持ちを察すること、良好な人間関係を築く礎となります。

スキンシップの素晴らしさをぜひ多くの親御さんに知ってもらいたいですが、仕事や家事で忙しくて子供にかまう余裕がなかったり、自分自身の体調が優れないなど親のコンディションが悪いとなかなか実践できないと思います。

そこでまずは親御さんの体をリセットするワークをお伝えします。

首周りの固さをリセットするワーク
1両手で首の真横を触る
2その手を下にずらしていき、首の付け根をグッと押さえる
3そのまま、首を前後に5回ずつ傾ける
4首を左右に5回ずつ傾ける
5首を左右に5回ずつ捻る
6最後に首を右回り・左回りにぐるっと回す

子供達はいつもご両親に対して手を伸ばしています。
ぜひその手を、その体をご両親が優しく包んであげてください。
そうすれば世界はもっと優しさに溢れるでしょう!

今回はここまでです。
最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

皮膚は親の愛を一生忘れない 整骨院 江戸川区

皆さんこんにちは!江戸川名倉整骨院です。
いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

皮膚は昔の思い出を記憶しているのではないかという研究を今回はご紹介します。

262人の大学生にアンケート調査をして、子供の頃にどのくらい親とスキンシップしていたかについて質問しました。

その回答によってスキンシップを非常に多くしてもらったと回答した学生10人と、子供の頃はほとんどスキンシップしてもらえなかったと答えた10人を選んで実験に参加してもらいました。

実験では初対面の同性の人が、その被験者に肩と腕に3種類の触れ方で触れました。

軽く叩く・撫でる・手のひらに置いておくの3種類の触れ方で肩と腕に触れて、どう感じたかを逐一答えてもらいました。
すると子供の頃にスキンシップを多くしてもらったと答えた学生は、現在大人になって実験者に触れられた時に肯定的に評価することがわかりました。

例えば背中をポンポンと叩かれて、「励まされた感じがした」背中を撫でられた時に「落ち着いた」などと答えました。

逆に子供のころに親にあまり触れてもらえなかったと、答えた人は全く同じ触れ方で触れられているのにそれを否定的に評価しました。

例えば実験者に触れられて「不快だった」や「緊張した」などと答えました。

被験者全員に実験後、過去の両親との身体接触に記憶について質問してみました。

しかし、明確に答えられる人はほとんどいませんでした。

それなのに他の人に触れられると、過去の皮膚感覚の記憶が呼び覚まされ、肯定的に感じたり、否定的に感じたりするというのは皮膚が記憶を持つということが考えられます。

今回はここまでです。
また次回続きからお話ししていきます。
最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

皮膚は親の愛を一生忘れない 江戸川区 整骨院

皆さんこんにちは!江戸川名倉整骨院です。
いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

さて今回は題名通り皮膚の親の愛を一生忘れないです!

皮膚のことを第3脳と呼び、皮膚感覚に感情があることは一般的にも浸透してきましたが、皮膚感覚に記憶する力まであることはご存知でしょうか?

記憶する力の具体的な例はセルフタッチです。

緊張したり困惑した時に誰でも髪に手を当てたり頬をさすったりしますね!

一説によるとこれは自分が子供の頃に親に頭を撫でてもらった記憶を思い出し、その快適な感覚を呼び起こすためにやっているそうです。

また子供の頃に身体的な虐待を受けて育った子供は、大人になっても人から触れられることを極度に恐れるようになります。
それは、痛みと恐怖の場面を条件づけられてしまったからです。

皮膚の表皮には、脳の中で記憶を司る海馬といわれる部位にある受容体と同様のものがあることからも、皮膚は昔の思い出を記憶しているのではないかといわれています。

そのことを証明する研究がありますので、次回の時にお話ししますね!
今回はここまでです。
最後までご覧いただき本当にありがとうございます!